臨床研修センター研修医の声(2022年入職) :いわき市医療センター

地域から信頼され、進歩し続ける病院へ…

いわき市医療センター 臨床研修センター

初期 臨床研修JUNIOR RESIDENTS

研修医の声(2022年入職)

◀ 研修医の声トップページに戻る

 今年(2022年)4月に研修を始めたばかりの12名の先生たちに、「当センターで研修しようと思った理由」を聞きました。

voice2022

福島県立医科大学卒 埼玉県出身

青木悠伍

 私がいわき市医療センターでの初期研修を希望した理由は2つあります。1点目は自由でフレキシブルな研修プログラムです。いわき市医療センターの研修ローテーションは選択科目が多く、自分の興味のある診療科を重点的に回れるメリットがあります。また、ローテーションの科の変更も2ヶ月前までは可能で、一度研修で回った後や、同期の感想を聞いた後にも随時ローテーション変更ができる柔軟性は魅力的です。2点目は病院見学時に感じた院内の設備、雰囲気の良さです。新型の設備に触れられることは患者さんのためになることはもちろん、自らの勉強にも確実に有利に働きます。また院内ではメディカルスタッフ、事務さんなど沢山の方と出会いますが、皆明るく挨拶をされていて、普段からの関係の良さが伺い取れました。そして、ぜひこのような環境のなかで働きたいと感じました。
 自分もそうでしたが、病院選びに悩んだり行き詰まっている方は、一度いわき市医療センターを見学してみることをおすすめします。

福島県立医科大学卒  福島県出身

木田礼音

 私はいわき市で生まれ育ち、いわき市医療センターには総合磐城共立病院だった頃から患者として大変お世話になっておりました。医師になろうとしたきっかけもいただきました。お世話になった場所に帰って、地元に貢献したいという気持ちで研修を決めましたが、研修システムや福利厚生もしっかりしていて、働きやすい環境が整っていることも魅力的だと思います。

東北大学卒 福島県出身

熊田佳那子

 希望診療科の研修が充実していそうだということを知って当センターに興味をもち、気軽な気持ちで見学に来ました。
 実際に見学してみると、研修医の先生方が、だらけすぎず、くたびれすぎず、適度に生き生きしていたことが印象的でした。ここでなら自分も研修を頑張れそうだと感じ、当センターで研修したいと思うようになりました。
 この文章を読んでくれた学生の皆さんも、ぜひ我々の顔を見に来てください。

東北大学卒 東京都出身

後藤裕太郎

 見学・実習を通じて外科系の診療科の実習が充実していると感じたためです。また、良い意味で緩い診療科とキツい診療科がハッキリしているためメリハリをつけた研修生活を送りやすいと思いました。残業代も付けることができ、福利厚生も全国的に平均より悪い方ではないと思います。

福島県立医科大学卒 福島県出身

小林大介

 いわき市医療センターでは3次救急まで受け入れており、県内では2つしかない幅広く救急医療を学べる病院です。研修医も多く、お互い切磋琢磨して成長できる環境が整っていると感じ、当センターを選びました。
 病院自体もとても新しく、フレッシュな気持ちで研修に臨めています。

福島県立医科大学卒 福島県出身

坂井ちひろ

 当センターは、三次救急まで対応しており、病床数も多いので、様々な患者さんを診ることができます。教育熱心な先生方もたくさんいらっしゃって、かつ同期も12人とたくさんいるので、明るく活気のある雰囲気の中で充実した研修を行うことができると思い、ここで研修したいと思いました。

福島県立医科大学卒 福島県出身

鹿野光治

 医師、看護師を始め、メディカルスタッフの皆さんも研修医に対して優しく、教育にも熱心であることを聞いたことと地元の医療に携わりたいという気持ちからいわき市医療センターを研修病院として選択しました。

東北大学卒 福島県出身

渋井愛子

 当センターを知ったきっかけは、大学でお世話になっていた先生から前身である総合磐城共立病院での研修についてよく話を聞いていたことでした。
 6年生が始まった頃に初めて見学に行ったのですが、その時の研修センターの方々の対応の丁寧さ、優しさに安心感を覚えました。面接の時も緊張している私を励ましてくれたことが忘れられません。病院全体の雰囲気も良く、研修医の方たちにも見学した診療科の先生方にも親切にして頂いたことを決め手に入職を希望しました。

福島県立医科大学卒 茨城県出身

武田朋樹

 部活の先輩が医療センターで研修されていて、様々な話を聞けた事が1番の理由です。また、医療センターは1次2次だけでなく3次救急も担っており、他県からも研修医が集まってくる点も魅力的だと感じ、医療センターを選びました。

福島県立医科大学卒 東京都出身

西田寛崇

 自分は学生の時に、救急科と外科に興味がありました。そこで、外科的な手技を多く経験でき、3次救急を担っている病院を探していました。また、同期などの環境面に関しても大切だと考えていました。
 いわき市医療センターは、浜通りで唯一の3次救急病院で救急科の症例数は多く、どの科の指導医の先生方も指導熱心な方が多く非常に魅力に感じました。研修医も複数の大学から集まっていて、様々な視点から話をすることができるのではないかとも思いました。他にも、2年目の先輩方とも交流が盛んである点や研修医室が独立して存在している点、数年前の建て替えで病院が非常に綺麗である点、担当してくださる事務の方々が非常に親切である点などあげたらきりがありませんが、自身を鍛錬し成長させることのできる環境が揃っていると考え選びました。

獨協医科大学卒 福島県出身

栁沼弘樹

 見学時、先輩研修医が生き生きと働いていたこと、三次救急で症例がたくさんあり、勉強になるなと感じたことが理由です。

福島県立医科大学卒 福島県出身

山尾和輝

 地元最大の医療機関であり、幅広い症例が経験でき、2年間で成長できると考え希望しました。