当センターの緩和ケアについて

緩和ケアとは

 がんと診断された時から治療と並行して行われる、痛みをはじめとした症状のコントロール、心理面、社会面の苦痛の緩和のケアを指します。患者様とご家族が感じる、心身のつらさや生活上のつらさを緩和する支援をいたします。

緩和ケアの考え方が変わってきています

 以前は、“治療が難しくなった患者さんに行うケア”と考えられていましたが、今は、つらさを緩和し、自分らしく生きていくことが、病気の時期を問わず大切なことだと考えられるようになっています。

緩和ケアチーム

 多職種メンバーで、身体や心のつらさに対するケアを行います。
心身の調和を保ちながら、治療に臨んだり、その人らしく生活ができるよう、様々な視点からサポートをします。

緩和ケアチームメンバー

医師:緩和ケア内科 内科 心療内科
薬剤師
理学療法士、作業療法士
管理栄養士
がん相談専門員
看護師:緩和ケア認定看護師

緩和ケア外来受診について

●当院受診中の方:主治医にご相談下さい。
●他院に受診中の方:かかりつけ医にご相談下さい。
          (医療連携で予約をお取りすることができます)

◎毎週月曜日 14:00~
◎毎週金曜日 10時~12時 (新患の方が対象)
       14時~15時 (再来の方が対象)

※完全予約制  場所:いわき市医療センター Aブロック受付

診療内容

  • 痛みや息苦しさ、吐き気などのからだのつらさへの対応
  • 生活上のお困りごとや、不安などによる患者さん、ご家族の心のつらさへの対応
  • 入院中、緩和ケアチームが介入していた場合の継続診療
  • 緩和ケア病棟入棟希望がある場合の診療など

緩和ケア病棟

  • 身体や心の苦痛を和らげ、その人らしい良い療養環境を提供する病棟です。
  • 病気そのものに対する治療は行いませんが、積極的に緩和医療を行います。
  • 医師や看護師だけではなく、多職種が協働して支援をいたします。
  • センター内の機能を残しながらも「病院」という考え方から少し離れて、家庭の持つ温かい雰囲気を大切にします。
  • 症状をコントロールし自宅退院に向けた支援をおこないます。

入棟に関する留意点

緩和ケア外来受診後に入棟判定会議を行います。会議を経て対象となった方が入棟となります。
病室は20床(有料10床 無料10床)ですが、有料個室からご案内させて頂くシステムになっています。

(有料個室10床 8000円+消費税)


入棟後30日の時点で、再度入棟判定会議をさせて頂く規則になっています。最長在院日数は原則60日です。
 ※緩和ケアに対して本人とご家族の理解と協力が得られなかった場合は退棟となる場合があります。

面会に関する留意点

面会時間は原則6時~21時ですが、時間外の面会も主治医の許可があれば可能です。
ご希望時、ご家族が付き添うことも可能です。(病室にソファベッドがあります)
小さなお子さんの面会も可能です。
 ※面会される方は、感冒やインフルエンザなどの感染症に罹患されていない方です。
ペット(ケージに入るサイズの犬・猫に限定)の面会は、14時~19時の1時間可能です。

施設内案内

浴室 特浴室 屋上庭園、デイルーム、家族控え室(和室・洋室)、家族用シャワー室、キッチン等を完備しています。
ご自宅で使用していた物品の持ち込みも可能です。(寝具や趣味)※危険物除く。

 詳細は、緩和ケア外来受診時および緩和ケア病棟入院時にご説明します。