はじめに

 国は「患者さんが病院を選ぶ際の参考」とするための指標として、平成28年10月1日より、DPC対象病院に対して、国の定めた項目について、自院のホームページ上で病院情報を公表することを義務付けたことから、当センターにおいても、その数値の公表と解説文を掲示いたしました。
 しかしながら、DPCの制度やルールが不明な方もいらっしゃると思いますので、基礎的なことを解説いたします。

  1. DPC対象病院について

     DPCはDiagnosis  Procedure  Combinationの頭文字をとった略語です。入院中の病名から処置、手術、検査など、行った医療行為によって分類することであり、「診断群分類」の意味です。
     DPC対象病院は、「診断群分類」に基づいて厚生労働省が定めた4,953の診断群分類(令和元年度)の中から、入院期間中の病名や、処置・手術の有無等に応じて、1日あたりの定められた入院費用を請求する病院のことです(DPC対象病院になるためには、国に承認される必要があります)。
     なお、いわき市内には3病院、全国には1,727(令和元年度)のDPC病院があります。


  2. 公表する病院指標のデータについて
     DPC対象病院は毎月ごとのDPCデータを国に提出することが義務付けられております。今回公表する病院指標は、当センターが、国に平成30年度中(平成30年4月1日~平成31年3月31日)に退院した患者さんのデータとして提出したものを、国の定める病院指標の様式に合わせて作成したものです。
     なお、DPCデータには、自動車賠償責任保険や労災保険、正常分娩による自費入院等の患者さんのデータは含まれませんので、病院指標には反映しておりません。また、入院中のすべての患者さんが対象になるわけではなく、分類によってはDPC対象外の患者さんもおりますので、その方も病院指標には反映しておりません。

平成30年度 いわき市医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1200 416 618 1024 970 1281 2412 2943 2002 353
 平成30年度の退院患者数は13,219人となっております。当センターは地域医療支援病院としていわき市の医療の中核を担っていることから、幅広い年齢の患者さんに医療を提供しておりますが、60歳以上の比較的年齢の高い患者さんの割合が約58.3%と高くなっております。
 また、NICU(重傷な新生児が入院する病棟)や小児の患者さんが入院する病棟を有することから、0歳~9歳の患者さんも多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 113 15.78 10.08 3.54 73.63
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 77 4.83 2.67 68.4
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 63 11.98 8.52 73.76
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 14.68 10.42 75.82
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 46 14.96 16.18 39.13 68.98
 消化器内科で最も多い症例は胆のう炎や胆管結石の疾患、2番目に多い症例は小腸大腸の良性疾患に対し、内視鏡を用いた手術を行い入院加療を行った症例です。3番目に多い症例は胃がんです。こちらの症例も内視鏡を用いた手術を行っている症例です。4番目に多い症例は肝・肝内胆管の悪性腫瘍に対し、肝動脈塞栓術を行った症例です。「手術といえば外科」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、消化器内科では内視鏡を用いた手術治療やカテーテルという細い管を入れて治療を行う肝動脈塞栓術が上位になっています。また、5番目に多い脳梗塞ですが、当センターでは内科系の医師が脳梗塞の入院診療を分担で行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 348 4.86 4.47 1.15 69.27
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 271 3.21 3.01 0 67.41
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 206 5.26 5.5 1.46 72.44
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 179 3.26 3.15 0 69.51
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 108 21.25 17.66 12.04 78.55
 循環器内科で最も多い症例は狭心症等の疾患に対し経皮的冠動脈形成術を行った症例です。2番目に多い症例は狭心症等の疾患に対しカテーテル検査を行った症例です。どちらも血管が狭くなった部位に対してカテーテル検査や治療を行なう患者さんが対象となります。当センターでは狭心症に限らず急性心筋梗塞、心不全などの緊急時も対応しているため、件数も多くなっています。3番目に多い症例は動脈硬化の1つである閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療で、ステントかバルーンを用いて拡張します。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 25 75 16.17 0 74.6
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし 21 5.9 10.57 0 73.14
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 19 67.84 40.13 5.26 72.26
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 13 53.38 13.75 0 67.62
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 10 78.4 32.36 0 69.4
 血液内科で最も多い症例は、非ホジキンリンパ腫です。当科では、非ホジキンリンパ腫症例のうち、標準治療のR-CHOP療法(化学療法)が適応となる症例は、薬剤集積性を高めるため、入院にて2週間毎の実施を勧めています。血液内科の表で手術ありと記載されている症例がありますが、輸血も手術に含みます。1番目、5番目にある「手術・処置等2 4あり」とはリツキシマブを使用した化学療法のこと、4番目にある「手術・処置等2 5あり」とはベンダムスチン塩酸塩及びボルテゾミブを使用した化学療法のことです。2番目に多い貧血は、「症候性貧血」で外来通院輸血補充が困難な場合に、短期入院にて輸血を行った症例です。3番目は急性白血病で化学療法、輸血を行なった症例です。
糖尿病・内分泌科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 35 19.26 13.9 0 59.03
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 23 12.91 11.05 0 60.26
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 13.82 13.5 0 56.76
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 17.67 16.18 33.33 68.42
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.27 - -
 糖尿病・内分泌科で多い症例は2型糖尿病です。1番目と5番目に多い症例は2型糖尿病に対して診断・投薬、栄養指導等の治療の他に、インスリン療法を行った症例、2番目に多い症例は、診断・投薬、栄養指導等の治療を行ないインスリン療法は行わなかった症例(教育入院等)です。1番目、2番目、5番目共に85歳未満の患者さんが該当しています。1番目と5番目は合併症によってDPCコードが変わります。3番目に多い糖尿病性ケトアシドーシスとは、急性代謝失調であり、血糖値を下げる働きをするインスリンが不足し、十分に血糖値が下がらないことで発症します。4番目に多い脳梗塞ですが、当センターでは内科系の医師が脳梗塞の入院診療を行っております。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 11 29.18 19.54 0 69.73
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.1 - -
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - - 13.46 - -
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 - - 17.02 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.92 - -
 気分障害は、癌や糖尿病、心疾患で当センターに通院中の方が、うつ病を合併して入院しています。重症のうつ病、躁うつ病の入院治療は行っていません。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
透析センター外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 10.38 8.75 0 65.63
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.05 - -
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.27 - -
050340xx97xxxx その他の循環器の障害 手術あり - - 15.23 - -
110280xx03x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 16.92 - -
 透析センター外科は、腎炎、腎不全に対するシャント拡張術を行った症例が最も多くなりました。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
小児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 183 4.79 6.19 0.55 1.58
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 4.71 5.71 0 3.22
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 63 3.54 5.42 0 3.78
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 4.21 6.62 1.59 3.25
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 52 3.02 3.83 0 1.9
 最も多い症例は、急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症です。2番目、3番目、4番目、5番目にある「処置2なし」は人工呼吸管理等の処置は実施していないことを表しています。そのため、重症には至らなかった肺炎、喘息、ウイルス性腸炎、熱性けいれんが多かったことがわかります。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 78 3.01 2.82 0 3.22
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 37 3.03 3.14 0 3.16
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 22 3.09 5.49 0 11.95
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 17 3 8.26 0 2.41
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 2.07 7.4 0 4.14
 最も多い症例は鼠径ヘルニアの手術目的の入院です。2番目に多い症例は、停留精巣の手術目的、3番目は虫垂炎に対し腹腔鏡を用いて虫垂切除手術を行った症例です。4番目に多い症例は、臍ヘルニア(おへそが突出したもので、いわゆるでべそのこと)および白線ヘルニア(白線と呼ばれる腹直筋筋膜に小さな隙間があって、そこから体の内容物が脱出するヘルニアのこと)で、こちらも手術目的の入院です。5番目に多い症例は小児における胃食道逆流症の診断精査を目的とした入院で、造影検査と24時間pHモニタリングを行なっています。同一患者の反復入院を含みます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 136 7.52 7.3 0.74 59.58
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 94 5.61 4.96 0 65.41
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 10.61 8.95 4.35 71.49
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 58 8.14 6.78 0 41.43
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 20.35 15.3 5.45 70.38
 外科で最も多い症例は胆のう炎、胆のう炎を伴う結石症に対して手術を行った症例です。2番目に多い症例は鼠径ヘルニアの手術目的、3番目に多い症例は腸閉塞、4番目に多い症例は虫垂炎となっておりますが、手術等を行わず保存的な治療を施した症例です。5番目に多い症例は結腸癌対して手術を行なった症例です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 29 11.45 12.51 6.9 55.62
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 15 2.47 6.33 0 13.33
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 13 6.15 5.59 0 60.46
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 12.73 8.16 0 83.27
050170xx9720xx 閉塞性動脈疾患 その他の手術あり 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 10 31.2 35.72 40 76.9
 形成外科では、結合組織や軟部組織にできた腫瘍を摘出する手術や皮膚の悪性腫瘍に対し手術目的に入院した症例が多くなっています。
 また、当センターには皮膚科の常勤医師がいないため、形成外科では皮膚疾患も診察していることから、1番目に多い症例は、皮膚膿瘍や蜂窩織炎(ほうかしきえん)等の膿皮症に対し、抗生剤等による保存的治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 21.65 18.72 77.78 71.44
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 26.51 21.23 75.61 77.07
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 7.32 7.35 17.86 69.43
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 13 11.8 21.43 78.5
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 15.92 9.69 37.5 76.21
 表の「JCS」とは意識障害がある患者さんの意識レベルを評価するものです。脳神経外科で最も多い症例はJCS10未満(比較的意識が清明)、2番目に多い症例はJCS10以上(自発開眼がない)で、外傷によらない脳出血で手術を実施しない症例でした。
 3番目に多い症例は外傷による頭蓋および頭蓋内損傷に対して手術を行なわず、保存的治療を行った症例です。4番目に多い症例は慢性硬膜下血腫に対し手術を行った症例で、5番目は外傷による頭蓋および頭蓋内損傷に対して手術を行なった症例になります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx97010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 38 22.42 20.53 0 84.11
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 36 13.11 16.06 2.78 74.64
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 30 28.87 24 10 68.7
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 17 32.41 22.66 17.65 70.29
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 17 33.71 28.37 11.76 67.47
 1番目、3番目に多い症例は、弁膜症に対し手術を行なった症例です。心臓の中にある「弁」が壊れ、心臓肥大から心不全になる病気です。2013年10月より日本で認可されたカテーテル大動脈弁置換手術(TAVI)についても積極的に行っております。カテーテル大動脈弁置換手術(TAVI)とは胸を開かず、心臓が動いている状態で、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に装着する身体への負担が少ない治療法です。2番目は、非破裂性大動脈瘤や腸骨動脈瘤に対し、ステントグラフト内挿術を行った症例です。大動脈瘤とは一般的に大動脈に「コブ」ができたと言われている病気です。ステントグラフト内挿術とは、胸やお腹にメスを入れなくても、足の付け根から小さな傷で「コブ」つまり大動脈瘤を治すことができる手術のことです。5番目に多い症例は解離性大動脈瘤に対し大動脈瘤切除術を行った症例で、4番目は手術を行わなかった症例です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 182 22.44 26.3 71.43 80.9
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 157 21.2 24.26 3.82 73.43
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 127 17.75 22.27 5.51 66.48
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 95 5.55 5.68 2.11 58.13
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 77 4.27 7.29 0 49.17
 最も多い症例は股関節大腿近位骨折に対する人工骨頭挿入術を行った症例です。転院率が71.43%と高くなっておりますが、これは、手術を行った後のリハビリテーションを多く行える回復期リハビリテーション機能を持つ病院への転院が多いためです。2番目に多い症例は膝関節症の患者さんに対し人工関節置換術を行った症例です。3番目に多い症例は、股関節骨頭壊死、股関節症に対し人工関節置換術を行った症例です。DPCの分類上では、初めて人工関節置換を行なった場合も再度人工関節置換を行なった場合も同じ分類に属しますが、今回、人工関節再置換術を行なった患者さんは、膝関節症の157名、股関節骨頭壊死、股関節症の127名のうちともに0名でした。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 388 3.1 2.84 0 74.75
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 10 3 5.39 0 70.9
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 7.52 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 6.16 - -
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし - - 14.74 - -
 1番目、2番目は白内障に対する手術を目的に入院した症例が上位となりました。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 83 6.29 5.43 0 42.4
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 57 6.56 7.27 0 42.44
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 36 8.17 7.89 0 26.78
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1 なし 31 8.9 8.29 0 5.23
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 29 6.93 5.1 0 60.93
 最も多い症例は扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎などの病名で手術を実施せず、投薬等で保存的治療を行なった症例です。2番目に多い症例は1番目の手術を行った症例になります。3番目は扁桃、アデノイド、4番目は睡眠時無呼吸症候群です。5番目に多い症例は前提機能障害のめまいのため入院した患者さんです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 37 8 7.4 0 74.16
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 17 10.59 12.58 11.76 65.94
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 14 9.29 7.2 7.14 72.86
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 14 14.86 11.5 0 66.86
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 10.13 - -
 泌尿器科で最も多かった症例は、内視鏡で膀胱悪性腫瘍の手術を行った症例でした。この手術は腫瘍が、どのような性質のものか見極めるために行いますが、腫瘍の根が浅い場合は根治的治療となりますし、根が深い場合でも今後の治療方針を決定するのに必要な情報を得ることができます。表にあります「手術・処置等2 2あり」とは化学療法のことです。2番目に多かったのは、腎や尿路の炎症に対して、尿路の狭窄や閉塞による通過障害を改善させたり、点滴や抗生剤投与を行ったりする治療を行った症例でした。3番目、4番目は悪性腫瘍に対し手術を行った症例です。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 171 3.52 4.85 0 59.32
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 149 8.24 9.7 0 32.84
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 101 3.72 4.61 0 62.83
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 71 10.59 9.87 0 45.04
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 70 5.17 4.52 0 59.29
 最も多い症例と3番目、5番目に多い症例は、子宮頸部や子宮体部、卵巣に発生した癌に対して化学療法を行なった症例です。表にあります「手術・処置等2 4あり」、「手術・処置等2 5あり」、「手術・処置等2 7あり」とは化学療法のことです。2番目に多い症例は分娩の患者さんのうち、多胎妊娠や胎児骨盤不均衡等の母体ケアが必要となる患者さんが帝王切開等の手術を行なった症例です。4番目に多い症例は、子宮の良性腫瘍に対し、子宮全摘術や子宮筋腫摘出を行った症例です。
 なお、自然分娩については自由診療の扱いになるため、DPC対象外となります。そのためこちらのデータには反映されません。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 4.78 3.56 6.67 43.38
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 3あり 20 39.15 38.54 10 74.95
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 14 2.29 3.27 0 43.86
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.35 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.69 - -
 最も多い症例は、医薬品や農薬、アルコール中毒を含む薬物中毒でした。3番目に多い症例は、アナフィラキシーショックや溺水などが該当します。また、救命センターには多くの患者さんが搬送され入院をしておりますが、今回のデータは退院時のものであり、退院時には他の診療科に転科した場合も多いため、公表する患者数は少なくなっております。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 31 9.13 11.87 0 68.84
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 9.48 8.98 7.41 47.15
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 17.15 14.58 23.08 74.38
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 7.23 10 0 62.69
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.08 - -
 1番目、3番目、4番目は肺がんで入院した症例になり、1番目は手術を伴う症例、3番目は手術等を行わず保存的な治療を施した症例、4番目は化学療法を行った症例となります。2番目は気胸で入院した症例です。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 91 11 14 23 34 - 1 8,7
大腸癌 34 43 51 52 28 14 1 8,7
乳癌 34 27 13 - - - 1 7
肺癌 25 - - 24 - 24 1 8,7
肝癌 - - - - 50 59 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大癌では胃・大腸が約6割を占めています。また、表より胃癌はStageⅠが多いことから、早期発見、早期治療ができていることがわかります。当センターでのがん治療は手術、化学療法、放射線治療など多岐にわたり行なっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 14.24 54
中等症 87 21.8 76.08
重症 29 24.24 80.21
超重症 - - -
不明 - - -
 市中肺炎とは普段の社会生活の中でかかる肺炎のことをいいます。重症度分類にはA-DROPスコアが用いられます。

Age(年齢)          男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水)     BUN21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸)      SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
Orientation(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下

 5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点と表されます。
 このA-DROPを用い、
 軽症:0点の場合
 中等症:1~2点の場合
 重症:3点の場合
 超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
と表します。
 当センターの患者数が多いのは中等症です。表から、市中肺炎は平均年齢があがるにつれ重症度が高くなり、平均在院日数も長くなる傾向がわかります。なお、誤嚥性肺炎は市中肺炎には含みません。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 252 21.18 73.86 47.86
その他 - - - -
 当センターの脳梗塞の患者さんのは、ほぼ発症後3日以内に治療を開始しております。平均年齢は73.86歳とあるように高齢の方が入院されていることがわかります。また、脳梗塞の急性期治療が終了した患者さんのうち、リハビリテーション等が必要な患者さんについては、回復期の医療を担う医療機関に転院することもあるため、転院率が47.86%と高い割合になっています。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 77 1.31 2.38 0 67.87
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 64 5.63 11.94 1.56 68.55
K654 内視鏡的消化管止血術 63 0.05 13.29 14.29 75.32
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 61 1.07 10.11 0 74.05
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 54 2.41 11.5 0 76.7
 最も多い手術は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。この手術は大腸ポリープの患者さんに対して行なわれる手術ですが、大腸ポリープはDPC対象外のため診断群分類別患者数「消化器内科」には反映されませんでした。手術といえば「外科」というイメージですが、消化器科では侵襲の少ない内視鏡手術が行なわれています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 245 1.24 4.01 4.08 72.83
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 240 1.79 3.08 1.25 69.92
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 85 0.08 9.84 3.53 66.31
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 80 2.66 9.66 12.5 77.19
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 69 0 13.39 1.45 64.72
 最も多い手術は、2番目に多い狭心症に対する手術と、3番目に多い不安定狭心症に対するものと、5番目に多い急性心筋梗塞に対して実施した経皮的冠動脈ステント留置術です。ステントとは、金属でできた網目の筒状のもので、狭窄あるいは閉塞部位を拡張します。
透析センター外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術 等 88 0.41 1.45 1.14 67.58
K6147 血管移植術(その他の動脈) 等 - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
 シャントとは動脈と静脈をつなぎ合わせた血管のことで、透析を行うにはなくてはならないものです。シャントが血栓等により狭くなったり、詰まってしまった場合は、狭窄した部を拡張します。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 78 1.01 1 0 3.22
K836 停留精巣固定術 36 1 1.03 0 3.25
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22 0.09 2 0 11.95
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) 16 1 1 0 2.38
K804 尿膜管摘出術 - - - - -
 最も多い手術は鼠径ヘルニア手術になります。2番目に多い手術は停留精巣固定術です。3番目に多い手術は腹腔鏡下虫垂切除術で、虫垂周囲膿瘍を伴わない虫垂炎に対し実施する手術です。虫垂炎は全症例を腹腔鏡で手術しています。4番目に多い手術は臍ヘルニアに対するヘルニア手術です。臍ヘルニアとはおへそが突出したもので、いわゆるでべそのことです。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 158 2.76 5.7 1.27 61.19
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 85 1.78 2.93 0 66.91
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) 等 51 7.78 21.53 5.88 72.96
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 4.89 15.06 5.56 67.89
K6552 胃切除術(悪性腫瘍) 等 28 6.14 27.5 3.57 72.93
 2.診断群分類別患者数「外科」で、最も多い症例は胆のう炎、胆のう炎を伴う結石症にて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った症例でしたが、手術も、最も多い手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術となります。2番目に多いのはヘルニア手術、3番目に多い手術は、結腸等の悪性腫瘍に対して行う結腸切除術です。結腸切除術は全切除、部分切除を含みます。4番目に多い手術は腹腔鏡下で結腸の悪性腫瘍を切除する手術です。5番目に多い手術は悪性腫瘍に対し開腹による胃切除術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0841 四肢切断術(大腿) 等 14 4.21 37 57.14 72.71
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 12 1 4.5 0 59.33
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.09 9.09 0 83.09
K0051 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 等 11 1 0.82 0 5.27
K288 副耳(介)切除術 - - - - -
 最も多い手術は動脈硬化症に対する四肢切断術です。2番目に多い手術は結合組織や軟部組織にできた腫瘍を摘出する四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術です。3番目に多い手術は悪性腫瘍に対する切除術です。4番目の手術は、皮下腫瘍に対する皮下腫瘍摘出術です。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 53 2.53 12.74 30.19 79.15
K1781 脳血管内手術(1箇所) 等 37 2.03 23.46 37.84 61.43
K145 穿頭脳室ドレナージ術 17 0.18 18.24 52.94 67.41
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は硬膜下血腫の患者さんに対して行われる手術です。脳の萎縮がみられる高齢者に多く、当センターでも平均年齢は高めです。
 脳血管内手術は、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤(脳動脈にできたコブ)をプラチナコイルという医療材料で塞栓する治療です。
 穿頭脳室ドレナージは、くも膜下出血や脳出血により脳脊髄症の交通が妨げられ水頭症を来した際に行われます。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 38 8.08 14.32 0 84.87
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 32 10.09 38.88 12.5 66.19
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 25 2.76 9.48 4 75.24
K5551 弁置換術(1弁のもの) 19 13.21 32.89 5.26 69.32
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 17 4.24 26.29 11.76 72.41
 経カテーテル大動脈弁置換手術です。カテーテル大動脈弁置換手術(TAVI)とは、胸を開かず、心臓が動いている状態で、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に装着する身体への負担が少ない治療法です。2013年10月より日本で認可され、当センターでも積極的に行っております。2番目に多い手術は冠動脈バイパス移植術です。これは、生活習慣病の1つである狭心症に対する手術です。狭心症は悪化すると命の危険性がある心筋梗塞に陥ります。多くの患者さんはこの手術で命が助かっています。3番目に多い手術は、ステントグラフト内挿術というのは、開胸や開腹と呼ばれる胸と腹を開けることなく、足の付け根から小さな傷で「コブ」つまり大動脈瘤を治すことができる手術のことです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 339 1.46 18.76 5.9 71.41
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 134 3.01 15.24 50.75 75.95
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 等 106 1.75 11.65 7.55 59.96
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 74 2.27 13.99 13.51 71.47
K068-2 関節鏡下半月板切除術 73 1.18 2.14 0 49.51
 人工関節置換術(膝)は主に膝関節症に対して行った手術です。手術症例が2番目に多い骨折観血的手術(大腿)は大腿部の骨折に対して行った手術です。3番目は手関節の骨折に対して行った手術です。脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)は脊柱管狭窄に対して行った手術です。5番目に多い関節鏡下半月板切除術は、半月板損傷に対し関節鏡を用い行う手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 391 0.98 1.05 0 74.83
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 18 0.94 9.44 0 56.44
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
 最も多い手術症例は水晶体再建術になります。水晶体再建術は主に白内障に対しての手術です。高齢化に伴い白内障の手術を希望される患者さんも増えています。
 2番目に多い硝子体茎顕微鏡下離断術は主に糖尿病性網膜症、黄斑変性、網膜剥離に対して行われます。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 70 1.03 7.26 0 20.87
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 55 0.18 5.22 0 42.47
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔 13 1.46 6.77 0 59.23
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 12 1 7 0 55.83
K318 鼓膜形成手術 10 1 1.3 0 21.3
 若年層の慢性扁桃炎が多いため、口蓋扁桃手術が多く行われます。2番目に多い手術が扁桃周囲膿瘍切開術です。3番目、4番目に多い内視鏡下鼻・副鼻腔手術は副鼻腔炎に対して行なう内視鏡の手術です。5番目に多い鼓室形成手術は中耳真珠腫や中耳炎に対して行なう手術です。
 なお、遠方より来院される患者さんや合併症をお持ちの患者さんが多いことから、術後の経過観察のために比較的長く入院する患者さんもいらっしゃいます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 51 3.14 8.06 1.96 73.69
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 0.5 12.5 31.25 74.62
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 10 3 14.3 0 69.9
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 等 10 2.1 7 0 74.1
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
 経尿道的膀胱腫瘍切除術(電解質溶液使用)とは生理食塩水を膀胱内に注入しながら内視鏡(カメラ)を尿道を通して膀胱内に挿入し、膀胱腫瘍をつまみとったり電気メスで削りとったりする手術です。
 経尿道的尿管ステント留置術とは、内視鏡(カメラ)を尿道を通して膀胱内に挿入し、尿管内に細い管(カテーテル)を留置する治療です。尿管が何らかの原因(結石、腫瘍、炎症など)で狭くなったり、閉塞してしまうと、腎臓からの尿が膀胱に流れてこないため、痛み、発熱、腎臓の機能の悪化などを生じます。この状態を改善する目的で行います。3番目に多い腎尿管悪性腫瘍手術とは、腎、腎盂、尿管にできた腫瘍に対する手術です。腎腫瘍の手術では、通常、腫瘍のある腎臓1個を全て摘出します。病状によっては、腫瘍を含めた腎臓の一部分を摘出する腎部分切除術が行われますが、困難であり腎摘除術を選択せざるを得ない場合もあります。4番目に多い症例は前立腺肥大症に対し内視鏡を用いて行う経尿道的前立腺手術です。5番目は悪性腫瘍に対し内視鏡を用いて行う手術です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択切開) 等 165 4.47 6.51 0 32.79
K8981 帝王切開術(緊急切開) 等 86 3.58 6.88 0 32.95
K877 子宮全摘術 84 2.46 7.44 0 49.81
K893 吸引娩出術 81 1.77 4.99 0 32.58
K879 子宮悪性腫瘍手術 59 3.53 10.59 0 57.27
 最も多い症例は、帝王切開術、吸引娩出術と出産に関する手術です。3番目に多い子宮全摘術は、主に子宮筋腫の患者に対して行われます。5番目に多い子宮悪性腫瘍手術は子宮頚部、子宮体部の悪性腫瘍に対して実施されます。
救命救急センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 14 25.14 32.79 35.71 72.93
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
 気管切開術とは、呼吸を補助するために気管にチューブを外科的に挿入する、一時的または永久的な医学的処置です。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 14 1.86 5.79 0 70.57
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 等 13 1 17.46 7.69 68.77
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) - - - - -
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
 最も多い手術症例は胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術になります。この手術は肺がんに対し胸腔鏡を用いモニターを見ながら肺葉を切除すものです。2番目の肺悪性腫瘍手術は開胸にて肺葉を切除します。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.11
180010 敗血症 同一 30 0.23
異なる 40 0.3
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 79 0.6
異なる - -
 表の見方ですが、入院の契機が同一とは、「入院した際の傷病名」と「退院まで行った治療で最も医療資源(投薬・手術・検査等)を必要とした傷病名」が同じ場合です。
一方、入院の契機が異なるとは、「入院した際の傷病名」と「退院まで行った治療で最も医療資源(投薬・手術・検査等)を必要とした傷病名」が異なる場合です。
 敗血症の例で説明しますと、敗血症で入院してきた患者さんに対して敗血症の治療を行った症例数が30件であり、別の疾患で入院治療を行っている過程で敗血症が発生した症例数が40件であったことを表しています。
 手術・処置等の合併症としては、透析患者さんのシャント狭窄や閉塞が多くみられました。シャントとは動脈と静脈をつなぎ合わせた血管のことで、透析を行うにはなくてはならいものです。シャントに狭窄が生じて透析用カテーテルからの脱血不良が起きたり、血栓ができて閉塞した場合、狭窄部をバルン(風船のようなもの)で血管内から加圧して拡張します。
 なお、発症率は、当センターの全ての退院症例の内、何%がその傷病名であったかを表しています。
 表の「-」は症例が10未満のため表示しておりません。

更新履歴
2019/09/27
平成30年度病院指標を公開しました。
2018/09/27
平成29年度病院指標を公開しました。
2017/09/27
平成28年度病院指標を公開しました。
2016/09/28
平成27年度病院指標を公開しました。