外科

2021年9月~

スタッフ紹介

<患者さんへのメッセージ>

いわき市医療センター外科の理念は「患者さんを病院全体で治療すること」です。

入院後は「外科医チーム」が担当しますが、生活習慣病、呼吸器疾患、心疾患、腎疾患など他の疾患を合併した患者さんも安心して治療が受けられるよう、関連各科と連携しながら対応します。
毎週火曜日に開催されるカンファレンスでは、外科医師、病棟看護師のみならず薬剤師、管理栄養士、理学療法士など多職種が集まり、患者さん1人1人の問題点を解決していきます。

また、2021年1月より日本膵臓学会認定指導施設の認定を受けました。肝臓・胆道・膵臓疾患の診療に関する施設認定として、この日本膵臓学会認定指導施設、日本胆道学会認定指導施設、日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度指定修練施設の3つを認定されたのは、福島県内では3施設目です。


<学会施設認定>

  • 日本外科学会:外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会:専門医修練施設
  • 日本肝胆膵外科学会:専門医制度指定修練施設
  • 日本胆道学会:認定指導施設
  • 日本膵臓学会:認定指導施設
  • 日本乳癌学会:認定医・専門医制度認定施設

 


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
管理者
福島県立医科大学臨床教授
新谷 史明
東北大学 昭和53年 日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医 消化器外科
副院長兼
診療局長
東北大学臨床教授
川口 信哉
東北大学 昭和61年 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医 消化器外科
主任部長
東北大学客員教授
福島県立医科大学臨床教授
吉田 寛
東北大学 平成8年 日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技能専門医、日本胆道学会指導医、日本膵臓学会指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医、ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本肝胆膵外科学会評議員、日本腹部救急医学会評議員、日本消化器病学会東北支部評議員
消化器外科
肝胆膵外科
部長
東北医科薬科大学臨床教授
白相 悟
東北大学 平成10年 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医 消化器外科
科長
根本 紀子
旭川医科大学 平成14年 日本外科学会専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、日本乳癌学会認定医、検診マンモグラフィ読影認定医 乳腺外科
科長
藤川 奈々子
東北大学 平成16年 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本膵臓学会指導医 消化器外科
科長
土師 陽一
東北大学 平成19年 日本外科学会専門医 消化器外科
科長
佃 和彦
東北大学 平成23年    
医長
小久保 翔志
東北大学 平成24年 検診マンモグラフィー読影認定医 消化器外科
医長
小林 直哉
日本大学 平成26年 日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器外科
非常勤
九里 孝雄
甲状腺
非常勤
永井 有
消化器外科

診療内容

(1)対象疾患

 消化器悪性疾患(食道癌、胃癌、大腸癌、胆道癌、膵癌、肝臓癌、GIST、後腹膜腫瘍 など)
 消化器良性疾患(胆石症、胆嚢炎、虫垂炎、消化官穿孔、腸閉塞症、痔核、痔瘻 など)
 乳腺疾患
 甲状腺疾患
 腹部外傷
 ヘルニア など


(2)特色

 新患は月曜から金曜の7:40~11:00まで毎日受け付けています(診察は紹介患者さんを優先します)。
 再来は予約制とし、待ち時間の短縮を図っています。
 入院後は、外科医師がチームとして患者さんを担当します。また、他科との連携を密にとって、最善の治療を目指します。


診療実績

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
総手術数 837 804 741 853 717
胃癌根治術 55 44 46 47 41
大腸癌根治術 128 119 111 130 111
肝切除術 22 16 21 21 22
膵切除術 24 19 17 17 18
胆嚢摘出術 #1 172 176 188 183 132
虫垂炎手術 70 71 52 66 48
鼠径ヘルニア根治術 97 95 94 109 73
乳癌手術 56 62 66 84 98
鏡視下手術 #2 255 276 280 312 219

#1.胃切除術に伴う予防的な胆嚢摘出術は除いています。
#2.腹腔鏡や胸腔鏡による手術で体への負担が少ない手術です。

当科の臨床研究

 実臨床データを用いた膵癌術後補助化学療法の至適投与期間に関する検討(PDF形式)