小児内科

スタッフ紹介

<患者さんへのメッセージ>

 当科は福島県浜通り地方で小児が入院することができる唯一の小児科です。 その点に関して大きな責任と誇りを感じながら、院内の救命・救急センターや未熟児新生児科、小児外科をはじめとする 関連各科の先生方とのよい連携のもとに、こどもたちの診療に当たっていきたいとスタッフ一同考えています。


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
副診療局長
鈴木 潤
東北大学 昭和57年 日本小児科学会専門医 小児科一般
 (血液、アレルギー)
主任部長
鈴木 保志朗
香川医科大学 昭和63年 日本小児科学会専門医 小児腎泌尿器、小児科一般
部長
遠藤 起生
福島県立医科大学 平成13年 日本小児科学会専門医 小児循環器、小児科一般
科長
野寺 真樹
福島県立医科大学 平成21年 日本小児科学会専門医 小児神経、小児科一般
科長
塙 淳美
福島県立医科大学 平成22年 日本小児科学会専門医 小児内分泌、アレルギー、小児科一般
医長
岡嶋 貴惠
神戸大学 平成30年   小児科一般
医長
美間 健二
東北大学 平成31年   小児科一般
外来非常勤
藤江 弘美
東北大学 昭和62年 日本小児科学会専門医 小児神経
外来非常勤
吉原 康
山形大学 昭和63年 日本小児科学会専門医 小児内分泌
(福島整肢療護園)
外来非常勤
森島 重弘
東海大学 昭和63年 外科認定登録医
循環器専門医
胸部外科専門医
小児循環器
外来非常勤
石井 まり
岩手医科大学 平成14年 日本小児科学会専門医
アレルギー専門医
小児科一般
小児アレルギー
外来非常勤
大原 信一郎
北里大学 平成15年 日本小児科学会専門医
日本小児科学会指導医
腎臓専門医
小児腎臓・内分泌、アレルギー
小児科一般

特色

 当センター小児内科は、いわき市を中心とする周辺地域で唯一の入院施設を有する小児科として地域の開業小児科、保健所や医師会と協力して小児医療と小児保健を担っています。
 スタッフ医師が専門あるいは準専門にしている分野に関しては、自分たちで研鑽を積みながら、小児病院などの専門医との協同で対応しています。当科に専門医がいない分野(小児循環器 小児内分泌 小児血液・悪性腫瘍 小児リウマチ など)に関しては、他施設から非常勤医師に外来診療をお願いしており、当センターでの対応に限界がある場合には時機を逃さず適切な専門医のいる小児病院などに紹介しております。
 救急センター、未熟児新生児科、小児外科その他外科系各科とともに協力して当センターで対応可能なプライマリな疾患については入院治療を含めて対応しております。
 小児救急への対応は、いわき市が運営し医師会が協力している休日夜間診療所や、小児科医会が行っている休日当番医などとともに、当院救急センターと連携しながら、入院加療が必要な2次、3次の小児救急を中心に関わっています。
 また、東北大学医学部、福島県立医科大学等の小児科専門医研修プログラムに関連病院として登録されており地域小児科医療の総合研修の場を提供しています。
 関連各科とともに「良質の小児医療」を提供して ”安心して子育てができるいわき市” を目標に努力していきたいと思います。
曜日 専門外来(午後1時30分~)※完全予約制
小児循環器
(森島)
小児アレルギー
(石井)
小児内分泌
(吉原)
小児アレルギー
(塙)
未熟児新生児
(本田)
1ヶ月健診
(交代)
小児腎・内分泌
(大原)
小児腎・泌尿器
(鈴木(保))
小児循環器
(遠藤)
小児循環器
(遠藤)
小児神経
(藤江)
小児アレルギー
(塙)
小児神経
(藤江)
小児内分泌
(吉原)
未熟児新生児
(本田)

診療実績

2019年入院患者数疾患別内訳
退院患者総数 899名

疾患分類 患者数
呼吸器疾患 412 45.8
神経系疾患 118  13.1
消化器疾患 103 11.5
血管炎 59 6.6
感染症一般 54 6.0
アレルギー疾患 41 4.6
腎泌尿器 34 3.8
代謝内分泌 29 3.2
血液 12 1.3
循環器 9 1.0
その他 28 3.1
合計 899  100

多くは肺炎、気管支炎、気管支喘息、感染性胃腸炎、熱性けいれんなどのよくある病気が占めています。
まれな病気で入院することもあります。

当科の臨床研究

 データベースを用いた国内発症小児COVID-19症例の臨床経過に関する検討 (PDF形式)