眼科

スタッフ紹介

<患者さんへのメッセージ>

視覚は人の得る外界からの情報の約80%を担うと言われ、私たちの生活上重要な役割であると考えられています。この視覚を改善、維持させるために、最新の情報と技術を提供できるように、当センターではスタッフ一同、そして浜通り地域をはじめ他地域の先生方と共に連携して診療にあたって参りますので、よろしくお願いいたします。


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
地域支援視機能再建学講座 教授
齋藤 昌晃
福島県立医科大学 平成8年 日本眼科学会眼科専門医、日本眼科学会眼科指導医、PDT(光線力学的療法)認定医 眼科一般、網膜硝子体疾患、加齢性黄斑変性

特色

網膜硝子体疾患は直接視機能に影響を及ぼす疾患が多いため、早期診断早期治療が重要になります。当センターでは網膜硝子体疾患の内科的、外科的治療の最新情報、最新治療を常に提供できるように努力しております。実際の硝子体手術につきましては、小切開による低侵襲手術をこれまで行ってきており、早期の日常生活の復帰を心がけております。また、日本人の視覚障害主要原因である緑内障は、長期経過を考えた治療が重要と考えますので、患者様個々の生活状況などを踏まえた個別化治療(計画)が重要と考えます。白内障につきましては、低侵襲手術のみならず、手術後の視機能の質を考えた眼内レンズの選択を行っております。